40代になると髪の毛のコシがなくなってくる理由は?

年齢と共に次第に体調の変化を感じやすくなりますが、40代に突入すると次第に髪の毛のコシがなくなってきたことに気がつく方が増えます。
若い頃はもっとしなやかでツヤのある髪の毛だったのに、40代になると明らかに元気もなくボリューム感も感じられない髪の毛になってしまう方が多いです。
「年齢のせいだから仕方がない」と諦めて放置してしまうと更に髪の毛の老化現象が加速してしまうことになりますので早めに正しいケアを実践しましょう。

髪の毛のコシがなくなってしまう原因は複数考えられます。
40代という年齢から考えられる原因として最も大きな影響を与えるのがホルモンバランスの崩れがあります。
年齢を重ねるとともに次第に女性ホルモンの分泌量が衰えるようになってきますが、女性ホルモンの中でもエストロゲンは髪の毛の成長を促す働きもあると言われています。

エストロゲンの量が少なくなることで髪の毛の成長がうまくできなくなってしまい、健康的な髪の毛が育たなくなってしまいコシのない状態になります。
ホルモンバランスの影響によって頭皮の血行が悪化し、髪の毛の成長に必要となる栄養が届けられなくなることも大きな原因となります。

髪の毛のダメージもコシがなくなる原因

髪の毛のダメージが極限に達してしまったこともコシがなくなる原因です。
ヘアカラーやパーマを短期間で何度も繰り返すと頭皮や髪の毛に大きなダメージを与えてしまいます。
紫外線を長時間浴び続けること、ドライヤーを使いすぎることもダメージを与える要因となります。

ダメージが積み重なることえ髪の毛の潤いを保つキューティクルが剥がれてしまい髪の毛の表面がボロボロになってしまうことで潤いがどんどん逃げてしまいます。
潤いが保てない髪の毛のコシが失われてしまうのは当然のことだといえます。

他にも生活習慣の乱れが重なること、ストレスを溜め込むことによって頭皮のターンオーバーが乱れてしまい老廃物が排出できずに毛穴に汚れが溜まってしまい場合によっては炎症を起こしてしまいます。代謝機能の衰えが頭皮環境を悪化させてしまうことで髪の毛に元気を与えることができなくなる要因となります。髪の毛のダメージはカラーやパーマなど年齢によっては白髪染めなどもありますから、外部ケアとして女性用のアミノ酸系ノンシリコンシャンプー&育毛剤のセットで使用すると良いでしょう。コシがかなりなくなった場合には飲む育毛剤なども活用していくとコシが出てくると思います。

40代の髪のコシアップに欠かせない育毛剤

40代の方が髪の毛のコシを取り戻すために正しいヘアケアを実践することは有効だと考えられます。
最も大切なことは頭皮環境を整えて健康的な髪の毛が育つようにすることです。

頭皮環境を整えるということは、余分な汚れはしっかりと落として清潔な頭皮を維持することが基本となります。
汚れをしっかり落とすためにはシャンプーを使用することになりますが、できるだけ刺激の少ないシャンプーを使用することが大切です。
髪の毛のコシを取り戻すためには汚れを落とすだけでなく、健康的な髪の毛を保つために必要な栄養をしっかりと補給することが重要となります。
そこで良質なタンパク質やビタミン、ミネラルなど栄養バランスのとれた食事を心がけるようにしましょう。
せっかく栄養バランスの良い食事を心がけても頭皮の血行が悪いと栄養を届けることができなくなってしまうので、血行を促すために頭皮マッサージや適度な有酸素運動などを心がけて下さい。
良質な睡眠を心がけること、ストレスを解消することなどにも注意しましょう。

髪にコシを与える頭皮環境を整える育毛剤

更に効率良く頭皮環境を整えるために役立つのは育毛剤です。
育毛剤には健康的な髪の毛をしっかりと育てるために必要となる成分が、バランスよく配合されています。
育毛剤を使用して頭皮マッサージを行うことで血行が良くなり、有効成分をしっかり浸透させることも期待できます。
髪の毛のコシを与えるためには育毛剤を使用することが効果的だと考えられますが、色々な育毛剤が販売されているので何を使うべきなのか迷ってしまうと思います。
育毛剤を選ぶ際に注意していただきたいのが、どのような有効成分などが配合されているのか確認してください。
人によっては肌に合わないため使用すると頭皮環境が更に悪化してしまう可能性も考えられます。
頭皮トラブルにならないようにできるだけ成分表示を確認して、自分に合うものか確認をして検討するようにしてください。
元々敏感肌の方は特に注意が必要なので、パッチテストをしてから使用するようにしましょう。また頭皮環境を整えて女性に多い円形脱毛症を予防しましょう。